スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年5月の読書 

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1502ページ
ナイス数:20ナイス

進撃の巨人(4): 4 (講談社コミックス)進撃の巨人(4): 4 (講談社コミックス)感想
じょじょに各キャラクターについての描写が多くなり、誰が誰か見分けがつくように。しかしリヴァイという人は何か得体が知れなくて好きになれない。
読了日:5月24日 著者:諫山創
進撃の巨人(3): 3 (講談社コミックス)進撃の巨人(3): 3 (講談社コミックス)
読了日:5月24日 著者:諫山創
村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』メッタ斬り!村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』メッタ斬り!感想
元の本読んでないくせに読んでみたけど、面白かった。トータル的にはボロクソだけど、一応認めてる部分もあるんだなぁと(笑)。多崎つくるだけでなく、1Q84のメッタ斬りも収録されていてお得。村上春樹、敬遠してたけどやっぱりメジャーどころだけでも読みたいなと思った。あと余談なんだけど、この二人の掛け合い見てるとサイキック青年団を思い出すのよね。なぜか。
読了日:5月16日 著者:大森望,豊崎由美
俺俺 (新潮文庫)俺俺 (新潮文庫)感想
すごい小説を読んでしまった、という感じ。こんなに読みやすい文章なのに奥深い小説は初めてだった。これは自分が、そしてたぶん多くの人が普段ぼんやりと感じている生き辛さ、息苦しさを書いてくれているのだと思った。読み返すたびに何かに気づかせてくれそうな、自分にとってとても大切な一冊に出会った気がする。
読了日:5月13日 著者:星野 智幸
進撃の巨人(2): 2 (講談社コミックス)進撃の巨人(2): 2 (講談社コミックス)感想
エレンやミカサの過去が小出しではあるものの明かされて行く。巨人に食われたはずのエレンが、どういう経緯でああなったのかは次巻で明らかになるのだろうか。
読了日:5月12日 著者:諫山創
進撃の巨人(1): 1 (少年マガジンKC)進撃の巨人(1): 1 (少年マガジンKC)感想
とりあえずよく人が死ぬ。容赦なく死ぬ。展開速め。絵はあんまり上手くない。「巨人」というのは一体何なのか。主人公と父親の間に何があったのか。いくつかの謎がこれから明らかになっていくのを楽しみに、次巻を読みます。
読了日:5月6日 著者:諫山 創
ベルセルク 37 figmaガッツ狂戦士の甲冑ver.付き限定版 (ジェッツコミックス)ベルセルク 37 figmaガッツ狂戦士の甲冑ver.付き限定版 (ジェッツコミックス)感想
内容を忘れた頃にやってくるこの漫画(笑)。今回は本編に加えて、少年時代のガッツの話も収録。ベタな展開だけどいいエピソードだった。さて次巻はいつになるのやら...。
読了日:5月3日 著者:三浦 建太郎
カードキャプターさくら(12): 12 (Kodansha comics)カードキャプターさくら(12): 12 (Kodansha comics)
読了日:5月2日 著者:CLAMP
カードキャプターさくら(11): 11 (Kodansha comics)カードキャプターさくら(11): 11 (Kodansha comics)
読了日:5月2日 著者:CLAMP
IN★POCKET 2013年 4月号IN★POCKET 2013年 4月号
読了日:5月2日 著者:

読書メーター





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nemo1973.blog78.fc2.com/tb.php/1050-f36ac165

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。