FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■俺俺 

『俺俺』星野智幸

これ面白かった。
自分がこれまで読んできた小説の中でも(微々たる数ですが)1、2を争うかも。
文章は平易でさくさく読めるのに奥が深い。


主人公の俺がある時たまたまマクドナルドで隣り合わせた男の携帯を盗み、それを使ってオレオレ詐欺をしてしまうところから物語が始まる。その男の母親からかかってきた電話に出て、息子の振りをするんだけど、なぜか本当にその母親から息子として扱われるようになるという、不思議な展開。
その後も、どんどん「俺」が増殖していって最初は分かり合える相手が出来て嬉しいんだけど、そのうち互いに憎しみ合うようになって最終的には殺し合うという......。

表面的な部分だけ読むとホラーチックな小説なんだけど、決してそれだけではない。
今の時代の閉塞感、誰もが感じていそうな生き辛さを、増殖する自分たちとの対話などから浮かび上がらせるような作りになっていると感じた。
そこに自分は深く共感した。


この小説はたぶん今後も読み返すと思う。
そしてそのたびに何かしら感じる部分が出てきそうな予感がする。





俺俺 (新潮文庫)俺俺 (新潮文庫)
(2013/03/28)
星野 智幸

商品詳細を見る





しかしこれ、どうやって映画化したんだろう。
映画も観てみたいけど、観ない方がいいような気もする(笑)。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nemo1973.blog78.fc2.com/tb.php/1046-7ab41eba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。