FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロイド店員 

今日某大型古書店に行きました。
本当は未読の本がたくさんあるので当分本を買うつもりはなかったんですが、年末に届いた割引券の期限が今月いっぱいだったので、それを使いたくて。
小説は絶対買わないと心に決めていたので、最近ちょっとずつ買い集めてるマンガを2冊手に取り、レジへ。
そこまではよかったんです。

問題(というほどのものでもないが)はレジ。
20代前半ぐらいのメガネをかけた大人しそうな青年の店員に本を渡すやいなや、無表情なままものすごいスピードでレジを打ち出したのです。
こちらが例の割引券及びポイントカードを取り出そうとするわずかの間に袋詰めを終え、間髪入れず「ポイントカードはお持ちですか」と超早口で言う彼に、やっとの思いで「割引券があるんですけど...」と差し出した券も半ば引ったくるような勢いで受け取られる始末。
会計を済ませた時には、一連の行為がまさに一瞬で終わったかのような錯覚に陥るほど、超スピードでした。

一体彼は何をそんなに急いでいたのでしょう。
後には誰も並んでいなかった上に、特にこちらが急いでる素振りを見せたわけでもないのに。

彼の行動の一つ一つには特に問題があったわけではありません。
失礼な言動があったわけでもなく、スピードは速かったものの、本を雑に扱われたわけでもない。お釣りを間違われたわけでもない。
それでも自分はやっぱりちょっとムッとしました。
あまりに彼の動きが機械的だったから。
顔つきもずっと無表情で、動作にも全く感情が感じられない。
ただ、どれだけ速く作業をこなすかのみに意識を使っている感じ。

そういう店員はたびたび目にすることはあるけれど、あそこまで極端な人は初めて見たので心底驚きました。
もしかしてロボットだったんじゃ...。
そう思ってしまうぐらい感情のない表情。

あの分では公私共に人間関係とか上手く作れないんじゃなかろうか。
そういう余計な心配(それもお前が言うな的)までしてしまったのでした。
あそこで働いてるうちにいい意味でこなれてきたらいいんだけど......。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nemo1973.blog78.fc2.com/tb.php/1001-25034c42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。