スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年7月の読書 

2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1056ページ
ナイス数:4ナイス

ぼくらの 7 (IKKI COMIX)ぼくらの 7 (IKKI COMIX)感想
敵のパイロットが逃亡したり、ジアースのパイロットの偽者が現れたりと、イレギュラーな出来事が続く第7巻。アンコの戦う相手はなかなか強敵のようで、ピンチに陥ったところで次巻へ。
読了日:7月1日 著者:鬼頭 莫宏
ぼくらの 8 (IKKI COMIX)ぼくらの 8 (IKKI COMIX)感想
カンジの戦闘シーンが面白かった。知能戦っていう感じで。まあ犠牲が多すぎたけど。にしても子供たちはみんな潔い死に方するね。もちろん戸惑いや苦悩もあるんだろうけど、最終的に自ら死に場所を考えてたり。そしてコエムシたちと繋がってる子供は本当にあの子なんだろうか。その辺りの謎の解明は次巻の楽しみ。
読了日:7月3日 著者:鬼頭 莫宏
ぼくらの 9 (IKKI COMIX)ぼくらの 9 (IKKI COMIX)感想
あの人やこの人の正体が判明する第9巻。色々書きたいけど何書いてもネタバレになるので書けないのが苦しいところ。
読了日:7月5日 著者:鬼頭 莫宏
ぼくらの 10 (IKKI COMIX)ぼくらの 10 (IKKI COMIX)感想
パイロットも残り少なくなって、ここで総集編のようにこれまでを振り返る第10巻。得体の知れない存在でしかなかったコエムシに初めて人間的な面を見た。次はいよいよ最終巻。
読了日:7月6日 著者:鬼頭 莫宏
ぼくらの 11 (IKKI COMIX)ぼくらの 11 (IKKI COMIX)感想
最後の最後に最も後味の悪い戦闘シーンとか...。でもいっそ清々しささえ感じたのはこちらの感覚が麻痺しているのだろうか。ラストはまあ予想通りというか、こうなるしかないわなという感じ。ところどころ情緒的な面に訴えかけ過ぎてるきらいもあったけど、いい漫画だった。
読了日:7月8日 著者:鬼頭 莫宏
小説新潮 2013年 03月号 [雑誌]小説新潮 2013年 03月号 [雑誌]
読了日:7月18日 著者:
小説新潮 2013年 04月号 [雑誌]小説新潮 2013年 04月号 [雑誌]感想
新連載の早見和真『イノセント・デイズ』と石井光太『蛍の森』、とりあえず今後が楽しみ。野中柊『波止場にて』が相変わらず面白い。
読了日:7月29日 著者:

読書メーター




ろくに更新もせずこんなまとめばっかりですいません。
しかもろくに読んでないし...(笑)。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。