スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ達成感 

あまり何もやる気が起きないとか、何となく自分に自信を持てない時ってありますよね(どことなく通販番組っぽい出だし)。

そんな時、自分はこういう方法でちょっとだけ気持ちを上向きにします。
それは、日常のちょっとした雑事などをメモに全部書き出すこと。
本当に細かい用事でもOK。というか、細かい方がいいかも。
目薬を買うとか、エアコンのフィルターを掃除するとか。

そしてそれを遂行するたびに消して行く。
すると、わずかながら達成感が得られるのです。

この達成感が大事。
少しでもそれを感じると、自分でもやれば出来るんだ、という気持ちになれるから。
本当にわずかかもしれないけど、気持ちってちょっとしたことで変わるので、意外にこれいいです。


柄にもない話をしてしまったけど、あんまり誰も見てないしいいか(笑)。




スポンサーサイト

食欲の秋は突然に 

なかなか涼しくならないのでうんざりしていたけど、ようやく朝晩過ごしやすくなってきてホッとした。
それはいいのだけど、涼しくなった途端、突然食欲が湧いてきてびっくりしている。
食欲の秋ということか。

そういえば、夏よりも冬の方がカロリーを消費しやすいと聞いたことがある。
夏は放っておいても暑さで体温が上がるんだけど、冬は体内のエネルギーを消費して体温を上げるからだとか。

だったら少々食べ過ぎても大丈夫かなと思うけど、太るのは嫌なので気をつけなくては。


食欲の話ついでに。
自分という人間は、食べることに関心が薄いのではないかと、最近気がついた。
いや、普通にお腹はすくし、ずっと何も食べないで平気ということは全然ないのだけど、美味しいものを食べたいとか、そういう方面の欲があまりない気がする。
だから食べ歩きにも興味がないし、「嫌いな食べ物は?」と訊かれると答えられるけど、「一番好きな食べ物は?」と訊かれても返事に詰まってしまうのだ。

そういえば旅行先でもあまり食べ物に関して欲求が湧かないもんなぁ。
昼とか平気でファーストフードで済ませるし。

だから何、というわけでもないのだが、食欲話のついでに。




Don't touch me 

昨日の新聞で、ある空港で係員が乗客に触れて行う検査というのが始まる、という記事を見た。
それはいいんだけど、記事の最後の方に「女性の乗客を男性の係員が担当することはない」という一文があったのが気になった。

なんで逆はないの、と。

わざわざこの一文があるということは、男性の乗客には女性の係員がつくことはある、ということだろう。
なぜ?
女性が見知らぬ男性に触れられるのは嫌でも、男性は見知らぬ女性に触られても平気、ということ?

これで思い出すのが、よく男子トイレの清掃に女性が入ってくることがあるということ。
あれが自分は常々不愉快だった。
たぶん逆のパターン(女子トイレに男性の清掃員が入る)だったら絶対許されないだろうに、なぜ男子トイレには普通に女性清掃員が入るのか。

そういった苦情がないのか、あっても「別にそんな気にするほどのことではないやん」で済まされているのか、実情は知らないけど、何となく旧態依然という言葉が浮かぶ。


2012年になっても、こんなもんなんだねぇ......。




残暑 

天気予報などで「残暑」という言葉を耳にするとちょっと切なくなる。

残暑。
残りの暑さ。
今の季節は夏の残り滓。
そう言われてるみたいで。

個人的に、夏が終わると、ああ、また一年経ったんだなぁと思ってしまう。
誕生日が初夏だからというのではなく、何だか夏という季節の終わりは特別に感じてしまうのだ。

他の季節には起こらない感情。

残り滓の夏を惜しみつつ、また次の夏を楽しみに待つ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。