スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常食欲金魚 

最近飼い始めた金魚。
異常なほどの食欲。

とにかくエサを追い求める欲求が半端じゃなく、一緒に買ってきた他の2匹が食べようとしたら体当たりなどの嫌がらせをし、ついには彼らを衰弱死させる始末。
バケツ(水槽じゃなくてバケツで飼ってる)にはもう自分しか魚はいないのに、いまだにエサを与えたらすごい勢いで飛びつく。
たっぷり与えてもまだエサを必死に探してバケツの中を泳ぎ回る。
こちらが戯れに指を差し出すと、エサをくれるのかと勘違いし食らいつこうとする。

そんな状態なもんだから、常にお尻からフンをひり出している。
そのフンがまたすごい。
金魚のフン、という言葉から想像するひょろひょろしか糸のようなものとは明らかに格が違い、ちょっとした水草の茎が突き出しているようにすら見える。
それをにょろにょろとなびかせながら泳ぐ。

金魚を飼うのはかなり久しぶりなのだが、はたして金魚というのはこんな生き物であったのだろうか。
自分のイメージではもう少し優雅に泳いでる印象があったんだけど。
こんなに常に貪欲にせわしなく動き回っているものなのだろうか。

可愛いと思いながらも心の片隅で少し引いている自分である。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。