スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■末世炎上 

『末世炎上』 諸田玲子

時は平安。表面的にはきらびやかでありながら、その実、末法思想のはびこる荒んだ世の中。
京の都で暮らす貧しい平民の子・髪奈女(かみなめ)は、水汲みに出かけた際に貴族の子息どもにかどわかされ、廃寺にて集団で犯される。その場に打ち捨てられた髪奈女が意識を取り戻したとき、「吉子」という全く別の人格が彼女の体を支配していて、髪奈女としての記憶は全く失われていた。そして、そんな彼女を拾い上げたのが、うだつの上がらない役人・橘音近(たちばなのおとちか)。彼に仕えながら、「吉子」は徐々に恐ろしい過去と、自らの素性を思い出して行く。一体彼女は何者なのか。そして髪奈女は、本来の自分を取り戻すことが出来るのか。



平安時代を舞台にしたミステリ風味の物語。一応裏表紙には「時代青春小説」と書かれているが、あんまり青春小説という感じはしないかなぁ。

吉子として暮らすことになった髪奈女という少女が、時々夢で見る出来事や、所持していたお守りの筒みたいなものなどからヒントを得て、主人の音近たちと共に自らの素性を探ろうとする。すると、なぜか200年前のある出来事と吉子の関わりが明らかになってくる、というのが本筋の話。
それと連動するように、昇進などに無関心でどこか諦観してしまっていた音近や、家柄だけはいいものの、ただただ無為な生活を送っていた貴族の子息・在原風見(ありわらのかざみ)と悪たれ仲間の少年たちが、徐々に精神的に変化して行く様子も描かれていて、物語に厚みを増す効果を与えている。

結構ボリュームのある小説の割に、一気に読める。
それはストーリー展開が速いのと、謎の解明の小出し加減がちょうどいいから。
途中で明らかになる「吉子」の正体についても、おお、この人のことだったのか、と少なくとも自分は驚かされました。


ただ、人物造形についてはちょっと物足りなさを感じたなぁ。
髪奈女や音近に関してはそうでもないんだけど、風見やその友人である伴信人(ともののぶと)や紀秋実(きのあきざね)については、ちょっと消化不良な感じ。
信人なんて、髪奈女を集団レイプした張本人なのに、特に何も罰されるわけでもなく(別件でちょっと牢屋に入ったりはしたけど)、ちょっと反省してもうおしまい。
髪奈女だって、あんなにショックを受けるほど酷い目に遭ったにも関わらず、仕返しに信人に肥(こえ)をぶっかけただけでそれ以降何もなし。
別に小説に勧善懲悪なんて求めていないけど、この辺りの描写はどうも物足りないというか、納得がいかない感じがして残念だった。

まあ、この辺りは人それぞれ感じ方が異なると思うので、気にならない人もいるとは思うけれど......。
小説全体としては面白かっただけに、その点だけはもったいない気がした。






末世炎上 (講談社文庫)末世炎上 (講談社文庫)
(2008/06/13)
諸田 玲子

商品詳細を見る




スポンサーサイト

鳩の誘惑 

最近公園などで散歩していると、ある欲望がこみ上げてきて仕方がない。

それは、鳩を捕まえたいということ。
いや何も、鳩を捕まえて飼いたいだとか、あるいは食用に...などと考えているわけではない。
単にその場で持ち上げたいというだけのことなのだ。
もっと具体的に言うと、つかんだ感触を味わいたい。
鳩に実際触ったことは今までないが、恐らくあの羽根の感じからして、「モフッ」という擬音が最も当てはまる気がする。
そのモフ感を、我が掌で、思いっきり心ゆくまで味わいたい。

この考えに至るようになったのには、あるきっかけがある。
以前ネットかテレビで、静止画だか動画だか忘れてしまったが、幼い女の子が鳩を両手で持ち上げている光景を目にしたことがあった。
それを見た瞬間、自分の頭の中で鳩を捕まえた時の感触を想像してしまった。
それがあまりにも心地のいいモフ感だったため、どうしても想像だけでなく、実際にその感触を味わってみたくなったのだ。

元々自分は全般的に鳥は好きであるが、どちらかというと鳩よりはスズメなどの小鳥を愛している。
しかし、このモフ感に限っては、スズメでは駄目だ。小さすぎる。
確かに小鳥を手の中に包む感触は、それはそれで気持ちのいいものであるが(以前文鳥を飼っていたので分かる)、あくまでもモフ感を味わうには、鳩が最も適度な大きさなのだ。

その上、奴らは人が近寄ってもなかなか逃げない。
お前それ完全に捕まえられるの待ってるだろ、と言いたくなるほど逃げない。
簡単に捕まえられそうなのである。
これが他の鳥なら、自分もここまでモフ欲を募らせることはなかったであろう。
ハナから無理だと諦めていたに違いない。
しかし先ほど述べたように、幼女ですら本気を出せば捕まえられるのである、鳩は。
ならば、いい大人である自分にも、きっと出来るはず......。


こんなことを思いながらも、やはり最大の難関「他人の目」をどうしても乗り越えることが出来ず、未だモフ感を味わうことのない日々なのである。




もう7月 

ここ数日溶けそうなほど暑かったのに、今日はひんやり涼しい。
外を歩いていても全然余裕。
昨日まではあんなに太陽光が殺気を放っていたというのに。

でも考えてみればまだ7月1日なんですよね。
これぐらいで普通なのかも。

暑かった6月の終わりですが、部屋のクーラーはまだつけてません。
扇風機のみ。
別に節電のためというわけではなく、単に6月にクーラーなんてもったいないという所帯染みた理由。
所帯持ってないのに。
本当は暑けりゃつけてもいいと思うんですけどね...。

節電といえば、関西電力のCMでも呼びかけてますね。
あのナレーション、なんであんなに暗いんでしょう。
毎回気になります。
私たちの力が足りないばかりにお客様に節電していただく羽目に陥り、誠に申し訳ございません、ということ?
なんかああいうのって、ポーズだけというか、上っ面だけ反省してるみたいに見せかけてるようにしか思えないのは、こちらの心が荒んでいるせいでしょうか。
でも普通に喋ればいいのになと思います。


あと、うちで使っている扇風機が年代物というか、まあ単に古いだけなんですが、扇風機の寿命ってどれぐらいなんでしょう?
構造が単純だから壊れにくいのかなぁ。
もう30年ぐらいは家にある気がします。
当たり前ですがちゃんと風のランクも選べ、「超微風」「涼風」「強風」の3段階。
正直に言えば「超微風」と「涼風」の間に「微風」が欲しいところですが、人間でいえば100歳は超えているであろうこの扇風機に、今更老体に鞭打つような無体なことは言えようはずもなく、我慢しています。


さて、来週は本格的な梅雨が再開するとか。
それを越えたらまた暑さが戻ってくるんでしょうね。
無事乗り越えられるのだろうか......。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。