スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はると・心の短歌 

桜(はな)の蜜
吸っては落とす雀らが
可愛くもあり憎らしくもあり

スポンサーサイト

ひそかに注目してること 

井森美幸のモンダミンのCM連続出演記録がどこまで伸びるか。

第一期終了 

で、肝心のダブルオー最終回の感想なんですが。


☆アレハンドロが間抜けすぎる

巨大金色たまねぎ(アルバトーレ)がエクシアに破壊されたと思ったら、中から悪趣味な色・形のモビルスーツ(金色天使←勝手に命名)が。
それでも結局トランザム状態のエクシアにやられる。
しかも最期には信頼してたリボンズにまで裏切られ、「道化」だの「器量が小さい」だの散々言われる。
というか、あんなどこの馬の骨とも分からないようなやつを信用するって、ちょっと無用心すぎるのでは。



☆グラハム・エーカーとの戦闘は要らなかったのでは?

金色天使を倒したと思いきや、今頃になって戦場に現れたグラハム。
GNドライヴ搭載のフラッグに乗って、エクシアと死闘を繰り広げる。

なんであのタイミングで出て来るんだか。
もう戦争終わったんだから、エクシアをボコボコにする意味が分からない。
それ以上に「愛が度を越すと憎しみに変わる」などという、全くその場にそぐわないコメントまで。
この人ちょっとおかしいよ(笑)。



☆ソーマ・ピーリスが初めて人間らしさを

ロシアの荒熊セルゲイ・スミルノフを助けに行ったとき、思わず「中佐がいなくなると私は一人ぼっちになります」なんて健気な言葉が。
ちょっとじーんとした。
セルゲイって基本的に優しいもんね(誰目線?)。



後は、実は生きていたティエリアさんの髪型が若干オサレになっていたり(どうやら別のキャラらしい)、ネーナが中華おっぱいの手下(?)になっていたり、明らかにセカンド・シーズンの予告っぽくなっていました。

一応ストーリーとしては完結してるんだけどね。


セカンド・シーズンがいつから始まるのか知らないけど、その時を楽しみに待ちます。

全てはこの時のために 

トイレも済ませた。
 
万一のための録画予約OK。
 
ワンセグ録画準備OK。
 
 
一週間待ち侘びたガンダム00最終回まで後数分。
 
約30分間、メール及び電話を無視することをお知らせします。

ディズニー・モバイル 

ディズニー・モバイルのCMにセリーヌ・ディオンが出てる」と母が言っていたので、「えっ、出てたっけ?」と半信半疑でテレビを見てたら、全くの別人でした。
そういう人です、うちの母は。


このCM、前から気になってたんですが、歌ってるのってヒラリー・ダフだったんですねぇ。
サイト見て初めて知りました。


ヒラリー・ダフといえば数年前、友達(ゲイ)に来日ライブに誘われたことがあったなー。
結局チケット取れなくて行けなかったんだけど。

まあ、別にそれほど行きたかったわけでもなかったんですけどね。

だって自分、ヒラリー・ダフとリンジー・ローハンとアシュリー・シンプソンの区別つきませんし。
ドラッグ中毒だったのがリンジーで、口パクがアシュリーだったような。
その程度の知識でよくライブに行こうと思ったもんだ…。




それはともかくディズニー・モバイルですよ。
ディズニーの携帯電話会社。

なぜディズニーが携帯電話事業を?
CMの最後に「日本ではSoftbankからお届けします」みたいなテロップが出るけど、じゃあ別にソフトバンクケータイの中の1機種として出せばよかったんじゃ?

何か裏に陰謀めいたものを感じるのは自分だけでしょうか。


まさか、USJとか、サンリオピューロランドなんかでは電波が繋がらないなんていうことはないでしょうね…。

あるいは、ディズニーキャラクターを無断使用している現場をディズニーケータイで写メして送ったら、基本使用料1年無料なんていうサービスがあったりとか…。



何にせよ、これからもディズニー・モバイルからは目を離せそうにありません。

膨らんできちゃった 

20080323235150.jpg

ちょっと判りにくい画像かもしれないけど、桜の蕾がかなり膨らんできてます。
 
今夜からの雨でますます開花に近づきそう。
 
 
もうすぐ4月だもんね。
 
それにしても時の経つのは何と早いことか…。

いよいよ来週… 

いよいよ残すところあと1話となったガンダム00。

来週の最終話が楽しみなような淋しいような自分ですが、とりあえず今週の感想を。


☆人死にすぎ

いくらなんでも殺しすぎじゃないのかと。
何となく最終回では刹那以外全員死ぬ気が(笑)。
あんまり安易に殺しすぎるのはどうかと思うんだけど。
まあ、ストーリー上必要だったらいいんですけどね。


☆アレハンドロ様が素敵すぎる

ソレスタル・ビーイングが自分の思い通りにならないと見るや、自ら巨大モビルアーマー(GNドライヴ搭載しまくり)に搭乗し、ガンダムたち及びプトレマイオスをボコボコにするという行動力(笑)。
ラスボスとして非常に正しいあり方だとは思うんだけど…。
なんか笑える。


☆グラハム・エーカーはどうした

あのー、そろそろ出てこないと後1話しか残ってないんですけど(笑)。
突貫工事のフラッグが完成していないとか?
戦場に現れたときには全ての戦いが終わっていたという、悲しい結末にならなければいいけど。



こんなところですかね。

あ、ラッセたんは出来れば生き残って欲しいなー。

ラッセ・アイオン


個人的に好きなので(笑)。


ともあれ、来週は最終回ということで、どういう結末を迎えるのか非常に楽しみなのであります。

期待以上 

宇多田ヒカルの新譜『HEART STATION』。

既発のシングルがどれもよかったので期待はしてたんですが、まさかこんなにいいアルバムが完成するなんて。
と思ってしまうほど出来のいいアルバム。

個人的には彼女のアルバムの中で一番好きかも(『First Love』は別格なので除く)。


前半のシングル曲中心の流れもいいんだけど、後半が特にすごい。
どの曲も全くシングル曲と比べて遜色ないし、メロディがめちゃくちゃ綺麗。

「ぼくはくま」が収録されると聞いたときは若干不安があったんですが(浮くんじゃないかと思って)、これが全然浮いてないの。

それはたぶん、彼女の作り出す曲が全くジャンルにとらわれてないからじゃないかと。


そういう意味では初期のR&B路線が好きだった人には物足りないのかもしれない。

でも、もう彼女はジャンルがどうとか、そんなことをとやかく言うステージにはいないんじゃないのかな。
どんな曲を歌っても(作っても)宇多田ヒカル、みたいな。


これが100万枚売れなかったら嘘だと思う。



HEART STATIONHEART STATION
(2008/03/19)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る

最新で最高 

アジカンの曲って割とどれも同じような雰囲気というか、決定的に何かが変わったということはないんだけど、アルバムを出すたびに前作よりも絶対にいいものが届けられる気がするんですよねー。

だから今までは『ファンクラブ』が最高傑作だと思ってたけど、これからはこの『ワールド ワールド ワールド』が自分にとっては最高傑作。
いつも通りの疾走感と、それでいてポップな感じもあり。


最初から最後までずっとドキドキしながら聴けるアルバム。



試聴はこちらで…http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/AKG/disco/index.html



ワールド ワールド ワールドワールド ワールド ワールド
(2008/03/05)
ASIAN KUNG-FU GENERATION

商品詳細を見る

復讐 in my mind 

さっきうちのマンションのエレベーターに乗ったら、タバコの煙が充満してて…。
 
なんかこういうのってやられ損みたいな感じじゃないですか。
誰がやったかも判らないし、判ったとしても文句言いにいくわけにもいかない。
 
でもこのままにしておくのはちょっと悔しい。
 
 
だって罪には罰が下されるべきでしょ。Coccoもそう歌ってたし。
 
 
 
だからね、エレベーターで喫煙したら自動的に罰を与える仕組みになっていればいいんですよ。
 
例えばスプリンクラーで放水するとか。
 
いや、こんなんじゃ甘いな。
 
逆に煙をもっと充満させる方がいいかも。
扉をロックして、自分が出した煙を全部吸い終わるまでは開けないようにして。
 
 
やり過ぎか。

でも、こういう常識がない人間って、体で覚えさせるのが一番手っ取り早いと思うんだけどな。

どゆこと? 

「auの庭」という概念が未だに理解できません。
どうしても。
 
まあ、する気もないんだけど。

活字、活字(メガネ、メガネ風に) 

自分のことを活字中毒だなんて一度も思ったことなかったんですけど、ふと気が付くと空いた時間に何かしら読むものを手に取ってるんです。

でも最近は勉強が忙しくてそんなに集中して小説なんかを読む時間がない。

だから出来れば区切りのつけやすい短めの文章がたくさん載ってる本が読みたい。

なら雑誌なんかがちょうどいいんだけど、あんまり普段から雑誌を読むという習慣がないし、雑誌はかさばる。


そんな自分にぴったりなものを見つけました。


それが講談社が月一で発行している『IN☆POCKET』(略してイン○)なのです。

まあ、雑誌といえば雑誌なんですけどね。


ただ文庫本サイズなのでかさばらないし、中に活字もいっぱい載ってるし、文庫情報誌ということで当然その月の文庫新刊情報なんかも手に入るし、自分にとってはいいことづくめ。

連載小説もあるので、自分が読んだことのない作家の小説に触れる機会に巡り合えるという嬉しい特典もあり。


ほんの5分時間が空いた時など、気軽に手にとって楽しめるので本当に重宝してます。


まだ買い始めて3ヶ月なんだけど、思い切って定期購読しようかなぁ。
送料無料だし。




ってこの記事、まさに講談社の回し者みたいな記事だわ(笑)。

念のため言っておきますが、売れても1円も僕の元には入ってきませんので(当たり前)。

今日の00 

ああー、ロックオンがぁぁぁ…!
 
いや何となく死ぬんだろうなとは思ってたけどさー…。
 
 
大泣きしてしまいました。
ホントに。

誰の心も照らせるように 

安室奈美恵嬢の『60s 70s 80s』。

60s 70s 80s(DVD付)60s 70s 80s(DVD付)
(2008/03/12)
安室奈美恵

商品詳細を見る



このシングル、ホント最高。
出来よすぎ。

だって3曲とも頭から離れないもん。
グルグルグルグルずっと回ってます。

「NEW LOOK」は最初あんまり好きじゃなかったんだけど、CD買って聴いてるうちにどんどん好きになった。
病み付き度が最も高い曲かもしれません。

もちろん他の2曲「ROCK STEADY」「WHAT A FEELING」も聴けば聴くほど味が出る曲でしたね。


自分はDVD付きの方を買ったんだけど、PVを観ながら聴くとますます曲の良さが分かるかも。



それにしてもこのシングルで、一気に3曲次のアルバムに入る曲が出来たわけじゃないですか。
で、もちろんアルバムまでには何枚かシングル出すんだろうし、そうなったらアルバムの曲数かなり多くするんですかね。
もしくはほとんど既発表の曲ばかりのアルバムとか…。

出来れば前者でお願いします(笑)。

34にして迷う 

みなさんは財布を普段どこに入れて持ち歩いているんでしょうか?


いや、実は最近財布の格納場所について悩んでまして…。

僕はずっとズボンの後ろポケットに入れていたんですが、その方法だと少し問題が。
財布の中のカード入れに入ってるカードが割れてしまうのです。

以前それで銀行のキャッシュカードを作り直したことがあって、それ以来財布の別の場所に入れてたんですが、先日ふと見ると、今度は別のカードが割れてました。


もしかすると自分のケツ圧(尻の圧力)のせいかもしれないんですが、このままでは財布の中のカードというカードが全部割れてしまいます(そんなに持ってないけど)。


よくカバンの中に入れて持ち歩いてる人がいますが、自分はあれには少し抵抗があるのです。
何しろ根が心配性なもので、もしひったくられたらどうしようなどと考えると、到底カバンに入れる気にはなれない。

それに、うちのバイト先にはロッカーなどがなく、カバンは事務所の中に普通に置いてあるだけなので、そういう意味でも防犯上の危険が…。


これを友人に言ったところ、「バイトに行く時はカードを持っていかずに最低限のお金だけ持っていけばいい」と言われました。

でもねぇ。
もし急に友達からお誘いがあって、万が一セレブの飲み会とかに誘われたら困るじゃないですか。

そう考えると、キャッシュカードを全く持ち歩かないというのも不安…。



そんなこんなで、財布をどのように持ち歩けばいいものやら、ずっと迷っているのです。
誰かいい方法を教えて!

プリーズ・テル・ミー!!

ギブ・ミー・チョコレート!!



いっそのこと、帯で体にくくりつけておこうかしら。

春 

今さっき近所の古本屋に行ったらものすごくいやらしい体つきの男がいてねー。
もうヤリたくて溜まらんかったわ。
 
もう春だねー。

桃色花吹雪の拍手喝采が道をふさぐ 

昨日今日あたりから徐々に暖かくなり始め、ようやく柴田淳の「花吹雪」が似合う季節になってきましたね(何のこっちゃ)。

安っぽい“桜ソング”が毎年のように量産される中、しばじゅんの「花吹雪」はそれらとは明らかに一線を画す名曲だと思うのです。あくまで個人的に。

「桜」という言葉を直接使わずに、でも聴いてると桜の咲き誇る様子が目に浮かぶ、ストーリー性の高い歌詞世界と、普遍的な美しさを持つメロディに、しばじゅんの伸びやかな歌声が組み合わさって、何度聴いても「ああ、いいなぁ」と思ってしまいます。


ちなみに自分、カラオケでこの歌時々歌いますが、歌ってて非常に気持ちいいです。


まあ、下手ですけどね(笑)。







一度は生で聴いてみたいもんです。

しんのすけ 

20080307152929

見ようによっては、大股開きしてるようにも見える。
 
とりあえず怖いっす。

もうすぐ 




もうすぐ発売ってことで…。
ホント楽しみ。


今月は、アジカンと宇多田ヒカルのアルバムも出るし、出費がかさみそうです。

ここで笑わないと笑うとこないよ 

三善英史がヅラ&ホモをカミングアウトして話題になっている昨今ですが、関西人かつ元サイキッカー(※)の僕としては、ヅラ&ホモという2大タブー(?)を抱えている芸能人としてある人を思い浮かべずにはいられません。


それは誰あろう、酒井くにお師匠(「とお~るちゃん!」でお馴染み)です。


くにお・とおる
右がくにお師匠。左はとおるちゃん。



本人はバレてないつもりなのか知らないけど端から見れば分かりやすいことこの上ないヅラ。
もはや隠す気すら感じさせないほどの潔さを感じるオネエ言葉。
 

オネエキャラ全盛の今、ネクストブレイク確実な芸能人といえるでしょう。
さあみんな、要注目だよ!
 
今年の流行語は「とお~るちゃん!」かもね。



まあ、くにお師匠、どっちの秘密も公式に認めてないんだけどね。





エルトン
僕も忘れないで~




※サイキッカー…関西の深夜ラジオ番組『サイキック青年団』のリスナーのこと。同番組では毎週のように「誰がヅラ」「誰がホモ」的話題で盛り上がっていた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。