スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近江八幡 

久々に友人と旅行に行ってきました。
といっても、電車で1時間ちょっとぐらいで行ける近江八幡なので小旅行みたいなものですが。


近江八幡駅に到着して、とりあえず観光案内所で観光パスポートなるのもをゲット。
これは本当におススメ!買わないと絶対損です。
一部千円なのですが、ロープウェーやら各資料館やら古い邸宅やらがフリーパスで回れます。
割とすぐ元取れます。
そして、それらの各ポイントが比較的近くに集まっているので、そんなに必死で歩き回る必要がない。
お年寄りの方でも全然回れます。

では、自分たちが回った施設などを紹介していきます。


●八幡山ロープウェー

八幡山には豊臣秀次ゆかりの寺・瑞龍寺などがあります。ちょっとした山歩き気分を味わえ、山上からの綺麗な景色も楽しめます。

近江八幡1
山上からの景色

近江八幡2
一部紅葉してる木が。



●かわらミュージアム

すいません。写真撮ってません。
実はこの時、例によって体力不足の自分は既に限界に達しており(一応言い訳しておくと、駅からロープウェイ乗り場まで歩いて行ったら結構な距離だった)、歩きながら眠りそうになっていたので、写真を撮る余裕などなかったのです。
でもミュージアムに着くまでに通った水路の写真があるのでせめてそれを。


近江八幡3

近江八幡4



●白雲館

すいません。ここも写真撮ってないです...。
元は学校だった建物。明治時代に建てられた擬洋風建築だそうです。
今は観光案内所になっていて、喫茶コーナーなどもあり。例の観光パスに喫茶コーナーの100円引き特典があったので、そこで休憩して(ここで飲んだコーラは、たぶん普通のコーラなんだけど、疲れきった自分の体にしみわたるように美味しかった)、バスで駅方面に戻り宿にチェックインしました。




そして翌日、ホテルのレンタサイクル(無料)を借り、昨日回れなかった施設などを回ります。
ちなみに自分が借りた自転車、蜘蛛の巣が張っていて正直テンションが下がったのですが、昨日通った道すがら駐車場に停められていた車のヘッドライトにも蜘蛛の巣があったことを思い出し、この地域では蜘蛛は神聖視されており、その巣が張られるということはこの上ない幸運であるという伝説を脳内で捏造することに成功し、何とか気持ちを取り直したのでした。



●郷土資料館・歴史民俗資料館

近江八幡5


●旧伴家住宅

近江八幡6


●旧西川家住宅

近江八幡7


こういった歴史的建造物などをささっと見て回り、ついでに彦根にも寄って彦根城や周辺を散策。
二日で回ったにしては割と凝縮した旅行だったのではないかと思いました。

あとホテルで見てたテレビでちょうど近江八幡が取り上げられていて、松居一代の出身地であるということを知ったのは、大きな収穫でした。


それはさておき、日帰りで行ける距離でもありますし、またぶらっと行ってみるのもいいかと考え中です。




スポンサーサイト

泉布観 

散歩中に立ち寄った泉布観。


泉布観1
泉布観2


大阪府に現存する最古の洋風建築だとか。
このところずっと改装工事していたんですが、最近やっと終わって公開されているみたいです(中に入れるかは知らないけど)。

綺麗になったので散歩ついでに外から眺めるだけでも楽しい。





大きな地図で見る




中が気になる 

昨夜からちょっと喉の調子が...と思っていたら、やっぱり今朝起きたら風邪気味でした。
喉と鼻の調子が悪いのと、少し頭痛があっただけなので、本格的な風邪とまではいかないけど。

今日は本当は梅田にコンタクト買いに行きがてら、ちょっとぶらぶらして帰ってこようと思ってたのに、結局早めに切り上げて帰宅。
まあ、その甲斐あってか、今のところ朝より少し回復した気がします。


今日はそんな感じでほとんど家にいたのですが、おとといの日曜にぶらっと出かけてきたので、その時の写真でも貼りましょうかね。

行ってきたのは、仁徳天皇陵。


仁徳天皇陵1

仁徳天皇陵2

仁徳天皇陵7


比較的近場にあるのに、そういえば行ったことないなと思って。
事前にネットで調べて知ってたんですが、ここ、中に入れないんですよねぇ。
周囲をぐるっと回るだけ。
まあ、自分はほとんど散歩の延長のようなノリで行ったので、それでもよかったんですが、禁止されていると余計に中がどうなってるのか気になって、やはり残念に思いました。

一部紅葉が綺麗な箇所もあったので、柵の隙間から写真を撮ったりしました。



仁徳天皇陵3

仁徳天皇陵4

仁徳天皇陵5

仁徳天皇陵6


この辺りには他にもいくつか古墳や神社が点在しているので、機会があればそういうところを巡ってみるのもいいかなと思いました。




広島に行ってきました(二日目) 

さて二日目。


早めにホテルをチェックアウトして、まずは歩いて平和公園へ。

平和公園1

平和公園2

平和公園3


しばらく歩いていると原爆ドームが見えてきます。

原爆ドーム1

原爆ドーム2

原爆ドーム3

朝早い時間だったためか人も少なく、結構たくさん写真を撮ってしまいました。
空気もひんやりしていて、どことなく厳粛な雰囲気。
生で目の当たりにすると、えも言われぬ迫力を感じます。



この時点でまだ朝の10時頃。
でもこれ以上広島にいても間延びしそうだったので、次の目的地である尾道に向かうことに。
尾道までは新幹線を使えば本当は早いんですが、そんな贅沢する余裕はないということで、快速で1時間半ほどかけて向かいました。

まず千光寺山の頂上に向かうためにロープウェイに乗ります。
別に歩いて行けない距離ではないのですが、無駄に体力を消耗したくないのと、ロープウェイなんて滅多に乗る機会がないので。


ロープウェイ



頂上に着き、千光寺公園を散策しました。
土産屋で売ってたご当地ソフトを食べ、特にどこを観るわけでもなくダラダラと散策します。
何枚か写真も撮ったんですが、あまりいいのがなかったので割愛。

適度に歩き回り、お腹も空いてきたので、下山することに。
思い切って歩いて下ることにしました。
ただ先ほどロープウェイで上ってきた道をそのまま下るのも何だかつまらないというか、芸がない気もしたので、全く別方向の道を下ることに。
駅の観光案内所で手に入れておいた地図を片手に、やけに人気のない道を進みます。

それほど地図が詳細でないため、道が本当に合っているのかどうか分からない上に、途中で大型の蜂(恐らくスズメバチ)が2匹ほどぶんぶんとたむろしている脇を出来るだけ刺激しないようにそーっと通り抜けたり、小心者の自分は心臓がドキドキしっぱなしでした。
でも妙に楽しかったなぁ。
ああいうちょっとした冒険(おおげさ)というものは、いくつになってもわくわくさせてくれるものです。
たぶん時間にすれば30分もかかっていないと思いますが、無事下山出来たときは心底ほっとしました。


それから駅前のミスドで少し休憩。
なんだかんだ言って結構歩いたと思うんですが、それほど疲労感はなく、帰りの新幹線までにまだまだ時間があるので、再び千光寺山の方へ向かいます。
今度は古寺巡りコースをぶらぶら散策。

特に地図を見なくても迷路のように入り組んだ坂道を昇ったり下ったりしていると、そこかしこにある古寺にたどり着けます。
これといった目的もなくただ歩いてるだけなのに、とても楽しい時間でした。
途中で地元のお婆さん2人組(色違いのズボンを穿いてて何だか可愛かった)に時間を訊かれたり、本当に人が住んでるのかと思うようなボロ家(失礼)を見つけてしばし観察してみたり、何でもないような時間を過ごせて、チープな表現ですが癒された感じがします。

あと今回の旅で再認識したんですが、自分は誰も歩いていない道を一人っきりで歩くのが好きみたいです。
民家があるのに人気がない道とか、歩いてるだけでぞくぞくするような恐怖感と快感がないまぜになった感情に襲われる瞬間が好きです。
そんなわけはないんだけど、もしかしたらそこは異世界で、もう二度と元の世界に戻れないんじゃないかという空想に浸りながら歩くのは非常に楽しいもので、もしかしたらそのために旅行に行くんじゃないかと思ったりします。

まあ、そんな個人的な感傷はどうでもいいですね。



そんなこんなで尾道の雰囲気を堪能したところで帰りの時間。
まず福山に出てから新幹線に乗り換え、無事大阪に帰還したのでした。

広島もよかったけど、個人的に尾道が気に入りました。
またいつか歩いてみたいなぁ。




広島に行ってきました(一日目) 

先日広島の方へ旅行してきました。


まず一日目。
正午前に広島駅に着き、簡単にランチを済ませてから、早速宮島に向かいます。


厳島神社に行くには、広島駅から更に電車で移動して宮島口という駅まで行き、そこからフェリーに乗ります。
10分ほどで対岸の宮島に到着。
様々な商店が軒を連ねる通りを抜けると、あの有名な大鳥居が見えてきます。
ってまあ、ぶっちゃけ船の上からも見えてたんですけど。

厳島神社1

厳島神社2

厳島神社3

厳島神社4


もっと潮が引いてる時間帯なら歩いて鳥居の下をくぐれます。
でもこういうものは遠くから観るのが一番よかったりしますし、海に浮かぶ姿こそ美しいと思います。



千畳閣

千畳閣2

五重塔


厳島神社のすぐそばにある千畳閣と五重塔。
五重塔の上が切れてしまってるので、あまり熱意が感じられない写真になってしまってますが、まあその通りです。

いや別に建物が大したことないとか、そういうことではないんですが。
言い訳するわけではないんですが、この日は日曜日で、結構な人出で賑わってました。
どうも自分は人が多いと集中力散漫になるようで、というか人の方ばっかり見てしまって、景色とか建物とかをじっくり鑑賞出来ないのです。
その場では観てるつもりでも、後で思い返してもあまり印象に残ってなかったりする。
写真だって人が少ない方が撮りやすいですしね。

ああ、平日にすればよかったな。


閑話休題。
厳島神社を観光し終えたところで時間は15時半ごろ。
本当はこの日のうちに平和公園にも行っておきたかったのですが、少し疲れてしまったのでもうホテルにチェックインすることに。

広電

一旦広島駅まで戻り、そこから路面電車(広島電鉄)に乗り換えてホテルへ向かいます。
広島市内中心部の移動はこの広電が便利。
恐らくこれでカバーしきれてない範囲をバスが走っているのではないかと思われます。
調べたわけじゃないですが。

なんだかんだで16時半頃ホテルに到着。
休憩してから夕飯を食べに街に出ます。

広島といえば広島焼き、という安易かつ堅実な発想の元、広島焼きの店を探すことに。
ただこの時自分、例によって胃腸の調子があまりよろしくなかったのです。
しかしせっかくなので広島焼きは食べたい。
そこで自分が採った手段は、そう、テイクアウトでした。
これならいつお腹が痛くなっても大丈夫。
広島焼きの一つや二つ、どんと来いです。

早速有名店らしきところで広島焼きを買ってホテルへ舞い戻り、さんまのスーパーからくりTVを観ながらそれをむさぼる私。
皆様さぞや侘しい光景を思い浮かべていらっしゃることでしょう。
でもね、意外にそんなに侘しくないものなんです、本人は。
むしろ意外に快適。
生来無駄に自意識過剰な自分は、実は外で食事をするのはそれほど得意ではないのです。
しかも旅先ということで、もしかしたら地元の人から好奇の目で見られているのではないかとか、旅行気分で浮かれているところにつけ込まれてカツアゲに遭うのではないか、などという心配が常に付きまといます。
それならばいっそのこと、安全なホテルの部屋で一人で食事している方が気が楽というもの。
だから本当に快適でした(何度も言うと逆に怪しく思われそうだが)。

広島焼き、普通に美味しかったです。
ただボリュームがすごくて少しお残ししちゃいました。
この点でもテイクアウトにしておいてよかったと思ったり。
店で残すのはさすがに気が引けますしね。


そんなこんなで夜も更けていき、寝ることにしたのでした。

二日目に続く。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。