スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうでもいいこと 

こう、ぼんやりと嫌だなとか不安に思うことが日常の中でよくあって、それは結構突き詰めて考えてみると実は他愛のないことだったりする。
それは客観的にそのことを考えてみれば分かることなんだけど、それが自分はなかなか簡単に出来ない。
何かの拍子にそう思えることはあっても、どうやったらその境地に至るのかが分からない。

でもこの頃やっとコツが分かった。
簡単なこと。
心の中で「どうでもいいことやん」とつぶやけばいい。それだけ。

もちろん、どうでも良くないことの場合は駄目だけど、呪文のように唱えるとすっと心が軽くなる気がする。
たぶん一旦気持ちが冷静になるからだと思う。

その手のモヤモヤなんて、たいてい取るに足らないことだし、そのせいで気持ちが沈むなんて馬鹿馬鹿しい。
今のところこの作戦が功を奏し、わりと軽やかな気持ちで過ごせているので、もし同じようなことで悩んでいる人がいたら一度試してみてはどうでしょうか。
効能は保証しませんが。




スポンサーサイト

人間不信? 

例えばゴミをポイ捨てしてる人とか、公共の場で騒いでる人とか、そういうマナーの悪い人を見かけるととてつもなく気分が悪くなる。
だからといって注意するわけではなく、ただ黙って目に入れないようにして通り過ぎるだけの自分。

注意する勇気がない、面倒くさいというのもあるんだろうけど、たぶん注意する労力が無駄だと思っている。
そんな輩に注意したところで、素直に聞き入れる可能性なんてゼロに等しいし、そもそも聞き入れるような人は初めっからマナーの悪い行為はしないだろう。
だったら、注意する労力も時間も無駄。
そういう考え方。

これは一種の人間不信なんだろうか。
まあ、だからといって別にそういう性格を改善しようとかこれっぽっちも思っちゃいないんだけど。




老い 

祖母が肺炎で入院した。といってももう1ヶ月ぐらい経つけど。
母方の祖母なので、うちの母親は家が近所なこともあり、毎日病院へ通っている(ちなみに祖母は息子である母親の弟と暮らしている)。

祖母は95歳。
はっきり言っていつあの世に旅立ってもおかしくない。
正直母親もそれを覚悟していたと思う。

でも徐々にではあるが回復している。
はっきりとは分からないけど、家に戻ってくる可能性はある。
それはまあ喜ばしいことなんだろうけど、帰ってきたら帰ってきたでまた色々母親にとって大変な日々が始まるのも事実。

母親はそのあたり複雑な心境のようで、戻ってくることを素直に喜べない自分を責めることもあるみたい。
だからといって死ぬことを心から望んでいるというわけではなく、調子が悪そうだとそれはそれで落ち込んだりしている。
どっちにしても辛いのだ。

祖母にしても、ボケが始まってるとはいえ時々正気に戻ることがあるようで、そういう時はやっぱり子供たちに迷惑をかけていることを済まなく思っているようだ。


その様子を見聞きしていると、老いというのは何と哀しくて切ないことなんだろうと思う。
長生きなんてするもんじゃないとさえ。

いつかうちの両親ももっと年を取って、同じようなことが自分に起こるかもしれない。
その時、自分はそんな哀しみに耐えられるのだろうか。
そういうことを考えてしまった。




○○依存 

この頃、自分という人間は常に何かに依存して生きているとつくづく思う。
「依存」というのは単なる趣味とか嗜好とちょっと違って、そのもの自体を楽しむというよりは、嫌なこととか現実から目を背けるためにのめりこんでいるような、自分の中ではあまりいいイメージではない感じ。

今依存しているものたち。

パズドラ。言わずと知れたソーシャルゲーム、パズル&ドラゴンズ。
もちろん面白いからやってるんだけど、たまにやりすぎて眼精疲労になったりする。
一旦やめていたんだけど、最近になってCMが流れてたり、周りにやってる人が多かったりして再開。


コーヒー。
別にこだわりがあるわけではなく、普通にインスタントのものや缶コーヒーを飲む。
実はあまりコーヒーの美味しさが分かっていないにも関わらず、なぜか無性に飲みたくなる。
常習性もあるんだろうけど、「コーヒー=リラックス」という図式が自分の中で出来上がっていて、とにかく飲めばリラックス出来るのだという無意識下の働きかけのようなものが発動しているんだと思う。
といっても、一日にそんなに何杯も飲むわけではないけど。


晩酌。
アルコール度数低めの缶チューハイなどを飲みながら、ネット見たり読書したりする。
別に酔いたいわけじゃないけど、夜になるとなぜか飲みたくなる。
アルコールは弱いので一缶全部飲めなかったりするけど。
ほろよいシリーズがお気に入り。


ツイッター。
気がつけば無駄にチェックしている。
朝起きたらすぐ見て、夜寝る時は見てから電気を消してる。
これに費やしてる時間で何かを成し遂げることが出来そうな勢い。



他にも細々としたものも色々あるんだろうけど、今現在の主要な依存対象はこの4つかな。
そのうちふと我に返って脱却したりするのかもしれないけど。




買っても増えない生活 

世の中の流れに従って、ボチボチと電子書籍を生活に取り入れたりしている今日この頃。
とりあえずkindleの公式アプリを、今持ってる2つのデバイス(iPod touchと、Mangrove7という7インチのAndroidタブレット)にインストール。
出先などではiPod touchで、家にいる時はタブレットで、という使い分けを基本的にしています。
あと、コミックはiPodではちょっと画面が小さいので、タブレットの方で読んだりとか。

まあ、紙の書籍に比べて色々利点はあると思うのですが、自分の場合は買っても物が増えないというのが一番気に入ってる点。
部屋が広ければ多少本が増えても問題ないんでしょうが、何しろ狭いので。
コミックなんかは特に、巻数が増えるとかさばりますしね。

当分は電子書籍で出来るだけ買うようにして、特に好きな作家の本などは紙の本で買おうかなと思ってますが、まだまだ発行点数が少ないところが悩ましい。
この本あるかなと思って検索しても、引っかからないことが多いです。
kindleストア以外なら、もう少し多いところもあるみたいなんですが......。

でもまあ、今のところ比較的快適に電子書籍生活を楽しんでおります。
今後問題点など色々出てきたらまた書こうかなと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。