スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月21日 

ハガレン25巻を読んだ。そろそろクライマックスっぽいけど、最初から最後までダレずに面白いマンガだったわ。すごいよねぇ


ハガレンはこのままの感じで完結したら、たぶん漫画史に残る名作になるかも(大げさか)。
もう連載の方では完結してんのかなぁ?
まだやってるのかしら。




某ドラッグストアにて、「カニ玉はどこ?」と店員に尋ねる初老の夫人。いくらなんでもカニ玉は置いてないだろ、と思っていたら、どうやら「カニ玉風味のカップ春雨スープ」のことだったらしい。一瞬迷った後にすぐに思いついた店員は、きっと超能力者ね…


これ今気づいたんだけど、カニ玉風味じゃなくて「カキ玉」だよね。
たぶん春雨スープにカニ玉味はなかったはず。
それにしてもあの店員さん、よく分かったよなぁ。




安○祐実はいつになったら大人になるのか


以前安達○実は大人にならないように注射を打っているという話を耳にしたことがあるが、あれは都市伝説なのか


ワイドショーなんかで「大人になったねぇ」と言われてもちっとも大人にならなかった安○祐美と、「元気になりましたね」と言われてもちっとも元気にならなかった宮沢りえ。だから何だと言われても困るが


最近昼ドラに出てるらしいですね。
自分は番宣か何かでチラッと見ただけなんですが、相変らず子供が大人の格好してるような背伸び感を漂わせまくってました。
このまま成長しなかったらすごいんだけど。




『ベンハムの独楽』と並行して、手塚治虫『ブッダ』も読んでます。面白い。もっと早く読んでりゃ良かった


ベンハムはやっと最終章に差し掛かりました。
あとブッダ面白いです。
読み始めたら止まらなくて、続きが気になってしょうがない。
今5巻まで読みました。
全部読み終えたら感想書きます。




以上、昨日のつぶやきでした。




スポンサーサイト

4月19日 

向井万起男さんの『謎の1セント硬貨』読み終えた。文章は面白かったけど、内容がいまいちか。というのも、自分がアメリカという国にそれほど興味がないからかも。でも気になったことをとことん追及する姿勢は見習うべきものが


何となく面白そうだったので読んでみたこの本。
面白かったのは面白かったんだけど、一つの記事にするほどでもなかった気がするので、ここでちょこっと紹介。
ちなみに向井万起男さんは言わずと知れた宇宙飛行士・向井千秋さんの旦那さんです。

マキオちゃん(千秋さんからこう呼ばれているらしい)がアメリカで感じた様々な疑問や謎を、各所にメールを送りまくることにより解決するという内容。
その課程とか、紹介されてるエピソードは興味深いんだけど、いかんせん自分はアメリカにそれほど興味がないので、そこが根本的なネックに……。
でも文章もライトな感じで読みやすいし、読んでいて退屈ということは決してなかったです。
エピローグはちょっとホロっとさせてくれます。




そしてまさかの岡本真夜が曲の使用快諾。なぜか岡本真夜の曲が公式ソング扱いにというすごい展開


例の上海万博テーマ曲の盗作騒動。
岡本真夜サイドが使用許可を出すというまさかの展開に。
そしていつの間にか真夜の曲が公式テーマソングにという話になっているという……(情報ソース・ヤフーニュース)。
ここのところ活動が地味だった真夜。まさかこんな形でフィーチャーされる日がくるなんて。
個人的にはLove Cupids復活もついでに希望しますが。




以上、昨日のつぶやきでした。




4月18日 

ツイッター始めてから明らかにこっちの更新が減ってしまって何だか淋しい気がするので、つぶやきを抜粋して転載してみようかと思います。
まあ、面倒になったらやめるかもしれませんが。



昨日は造幣局の通り抜けに桜観に行ってました。何気に初めて行ったかも。近いのに


今年は何だか桜を観る、というか観に行く機会が多い気が。
でもこの通り抜けの桜は普通のと違って種類が多いんですよね。
デジカメを持って行ってなかったので今回は写真はなし。




本当はリアルタイムでつぶやけばよかったんだけど、誰かと一緒にいるときに携帯いじりまくるのは気が引けるので、なかなか出来ない。などと言いつつも、ちょくちょくゲームなどはしているのだが


一人で行ってたらいくらでも携帯でつぶやけたんですけど、やっぱり誰かといるときはねぇ……。




新聞の投書欄で、ものすごい正論が書かれていても、投稿者が学生だったりするとケッと思う



毎日新聞日曜版連載中の角田光代さんの『ひそやかな花園』がいよいよ佳境に。面白かったけど、これは本になってから読むほうがよかったかも。登場人物が比較的多いので、ちょっとこんがらがってしまったので(←それは頭が悪いだけ)


これ、早く書籍化されないかなぁ。
面白かったんだけど、記憶力の悪い自分はどうしても1週間前の内容を失念してしまい、キャラクターがごっちゃになってしまった部分がありまして。
でもぜひ単行本化する際は加筆して欲しい。
もっと人物像を掘り下げて欲しいので(わがまま)。




「野外フェス」を「野外フェラ」に空目してしまう自分は人間として失格だが、ゲイとしては合格なのではないでしょうか



ちびまる子は、説教臭くなってから面白くなくなったなぁ…


ちびまる子は個人的には3巻ぐらいが一番好きだった。
あの頃のさくらももこは掛け値なしに面白かった。
最近のはもう読む気もしない。




以上、本日のつぶやきを転載して、ちょっと色をつけてみました。
とりあえずお試しってことで。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。